ブルガリア研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 偏向史観の故に自滅しない方法

<<   作成日時 : 2014/06/03 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

  最近、中国・韓国の異常な行動とか、ロシアがウクライナ情勢に介入し、クリミア半島を併合した後、欧米からの制裁を受けて、頑なな愛国心高揚へと偏向している、というように、小生が見るところ、何れの国家でも、正しい歴史認識を採用せず、偏向史観を採用したせいで、逆にこれにとらわれて正常な判断力(自国の弱点、欠点を正視できないことが主因)を政府自体が持ちえず、自滅の方向へと向かっているような現象が気になる。

  小生としては、世界の時流を斜めに見ながら、何とか今後の国際情勢の潮流を見失わず、日本国のみは、正しく国の方向性を見失わず、自存自衛を全うすることを祈りたい気持ちだ。そして、そのためには、正しい方向性を見失っていないように見える安倍総理の、できるだけ長い政権担当と、国家の「再生・復興」を祈りたいと思う。

1.日本の偏向史観:観念的平和主義
  諸外国の偏向史観も気になるし、その影響も大きいとはいえ(諸外国が、幻想的な史観で自滅することは、我々にとってはどうぞご勝手にと言うことで済むが)、日本自身が戦後の歴史の中で抱え込んでしまった、悪しき偏向史観というものもある。まずこれを日本人として認識して、偏向部分に関しきちんと反省してからでないと、正しく歴史の将来を見据えて、正しい行動方向を見出すことはできない。

(1)日本軍(自衛隊)こそが危険という妄想
  最近の安倍総理が主導して是正していこうという、憲法解釈の改正につき、集団安保の議論で、特に公明党、創価学会が迷い込んでいる迷路は、現行憲法が「平和憲法」で、この憲法を守ってこそ「平和」が崩れない、という妄想だ。

  この議論の根底には、占領軍が押し付けた現行憲法と東京裁判史観に基づく、太平洋戦争は日本軍が仕掛けた侵略戦争で、これへの反省を忘れずに、自国の軍隊である自衛隊を使えない軍隊のままに閉じ込め、動けないように縛っておくことでこそ、平和が保ち得る、という誤解が存在する。

  「平和」を叫び、その「平和」を破壊するのは必ず自国の軍隊である!?という、世界のどこの国でも聞いたことがない、ありえない論理、妄想、幻想を生み出したのは、戦後「平和勢力」を自称した社会党、共産党などの左翼政党だが、この論理は戦後の日本社会に、日教組という左翼勢力を介して、ほぼすべての国民の耳朶に吹き込まれ、絶対の真実のように誤解され続けている。宗教と金儲けを一体化した、現実主義勢力に見える創価学会・公明党が、その布教時に婦人層を取り込む便宜上自称した「平和勢力」という言葉の呪縛に囚われて、左翼政党と同じように、未だに、自国の軍隊を危険として認識し、自国の軍隊が「普通の国」のように、防衛出動できたり、集団的に他国軍隊とともに、国際舞台で活躍することも「危険」とする論理に陥っているのは、嘆かわしいことだ。

(2)自国軍隊(自衛隊)の手足を法律論で縛り続ける愚作
  自衛隊すら存在せず、国の防衛の大部分を米国に依存していた1953年に、韓国の米国かぶれの李承晩大統領が強行したのが、竹島侵略・強奪という強盗行為だ。朝鮮戦争直後で韓国の民生再建こそが第一であるべき時期に、人気取りのために他国の領土を強奪するという蛮行を仕掛けたのだ。この時米国が、親米政治家としての李承晩の蛮行を黙認したことが、未だに尾を引いている。
  韓国民は、強盗行為を正当化するために、嘘八百をでっち上げて、歪曲史観で日本人に対抗するという蛮行が、何とか既成事実化に成功したことに味を占め(竹島占拠により広大な経済水域を主張できるようになり、日本漁船を排除できた)、その後、慰安婦問題とか、天皇陛下に対する謝罪要求とか、種々の難癖を重ねるようになった。反日が利得に結び付く、或は、少なくとも政権の人気取りには役立つと味を占めたのだ。(注:もっとも最近は、韓流ブームが去り、日本からの観光客が激減し、韓国産の酒類、食品類などの対日輸出も激減して、一部の韓国業者は苦境に陥っているという。)

  このように悪辣で、恥知らずの隣国が存在するのに、「平和」を維持したいという願望に目をくらまされて、自国の軍隊の手足を縛っておけば、平和は保たれると誤解を続けてきたのが日本国民の残念な勘違いだ。自国が、侵略の「野望」さえ捨てれば、諸外国は信義を守り、攻めてこない、と「日本国憲法」を通じて、歪曲史観を刷り込ませたのが米国の占領軍(GHQ)だった。とっくの昔に、日本が外国を侵略できるような情勢は、アジアにも、その他にも存在せず、むしろ中国、韓国という「敵性国家」からの離島強奪の危険が高まっているというのに、相変わらず自国軍こそが危険という論理が根底となっている、自衛隊への歯止め論に終始しているのは、何たる国際情勢音痴であろう。

  米国本国は、1950年に始まった朝鮮戦争を契機として、日本国を同盟国として有効活用するには、この自らが押し付けた「憲法」条文などが邪魔になることに気付いたが、他方で、極東アジアにおける日本軍の強さを未だ忘れえなかった時代でもあり、GHQ、在日米軍、在日米大使館、米国務省などとしては、日本軍の本格的な再建容認には躊躇いがあった。この故に、日本国憲法がキープされ、同時に、それでも、米国から自衛隊に対する協力要請が相次ぐという、頓珍漢な状況も出現した(湾岸戦争、対イラク戦争時など)。

2.むき出しになった中国の侵略性
  韓国の反日国是の異常性(それが、自国経済の弱さ、政権の正統性への支持率の低さなどを糊塗するための、国内対策であるらしいことは、最近読んだ『ヤバイ!韓国経済』(別冊宝島、2014年1月発行でも理解できる)は、既に日本国民にも明白だが、中国の場合の異常性は、単に日本の尖閣諸島に対する異常な侵略的態度のみではなく、最近では、南シナ海で、フィリピン、ベトナム相手にも、居丈高に軍事力を行使して、日本国民の目にも明白となった。

  経済力が世界2位に浮上したとたんに、米国に対しても、太平洋は折半して「西半分の権益を中国によこせ」と主張したり、東南アジア諸国に対しては、南シナ海は中国が管理するから、「お前たちは直接の沿岸部に引っこんでおれ」、という居丈高な領有宣言を繰り返し、中国人には国際社会で正常、公平に他国と利益を分け合う理性が完全欠如していることも明白となった。

  我が国は今、自国の軍隊を「普通の国並みの自衛権、集団的自衛権の行使」をできるような組織へと進化させるためには、早急に「解釈改憲」するしかない、という事態に追い込まれているのだ。

3.解釈改憲ではなく、正々堂々と「憲法改正せよ」との迷言
  最近新聞を見ていると、一部には、「今解釈改憲などを急がず、正々堂々と憲法改正するべき」との議論があるという。不思議なことに、この論者たちには、実際には、憲法解釈の変更すら許容したくない、ごりごりの「憲法擁護論者」が多いという。

  要するに、戦後ずっとお題目として唱えてきた「平和主義」=危険なのは自衛隊・自国の軍隊という「神話」を護持したい、自分の頭で考えて、中国の危険な暴走に対応する、という、普通の防衛措置すらも拒否して、観念論に凝り固まりたいだけの人々の、思考拒否姿勢の方便にすぎないのだ。憲法改正が、長年の「偏向史観=危険なのは自衛隊」という左翼、婦人層を中心とする固定観念を打ち破ることの難しさゆえに、一朝一夕にできないからこそ、時局に素早く対処するためには、解釈改憲で対応するしかない、という現下の日本国内の情勢を見て見ぬふりをする、ずる賢い欺瞞論でしかない。また、憲法解釈の変更自体が、何らかの違法手段である、という訳でもない。

4.俺様主義の中国
  最近どこかで、日本の中国専門家が、世界には3つの考え方があると言っていたような気がする(注:確かにそういう議論を読んだ気がするが、以下の議論はその誰かの議論からのきちんとした引用ではなく、よって小生の独断を含むと考えていただきたい)。

  一番目は、人間の上には神様があり、神様は全てを見ているから、神様を怖れて、自分自身の行動についても、何時も反省の目で見る態度を保有している。これは主にキリスト教系国家の思考方法で、この故に、国際関係でも、神様が決める公平な法則があるとして、国際法などの概念で、人間社会、国家に対しても、歯止めの論理を常に用意すべきとの立場となるという。(注:とはいえ、「国際法」とは、英米が自らの国益に基づき、かつ時局的な要素も勘案しつつ、都合のよいように整備してきた法律群である、との議論もあるのだが。)

  二番目は、世間様、或は怨霊様がいて、常に自分は監視されているから、自らの行動については、慎重に行動せねばならない、といつも用心深く考えるという。これが日本人で、欧米のような恐ろしい神様ではないにせよ、村社会の原理上、世間様から非難を受けることを極度に警戒し、また、悪行を行えば悪事を働いた相手の怨霊にたたられると怖がる、という。一時韓国人が、日本人の用心深さを嘲って、「縮み志向の日本人」と言ったが、要するに世間様に誤解され、村八分にされることを嫌い、謙虚に行動する、という「社会規範を持つ」日本人の心情だ。

  三番目が、人間と人間の関係は、全て交渉の上で決まると考える「俺様主義」だという。中国人の心情では、神様とか世間様が認める「公平な価格」などは存在せず、全てが俺様と他人との知恵比べによって、どちらが上手に論理とかを組み立てて、値切ることに成功するか、ということを主体に行動するのだという。
  商品の価格は、俺様と売り手の間の駆け引きとか、自分の身分・地位に照らして、相手からどれだけ譲歩を勝ち取って、有利な交渉をするかで決まってくる、という思考だ。つまり、他人との関係も、自分の地位・身分をかけての交渉で、相手が譲歩しなければ、面子が潰されたと考える「面子主義」でもあるらしい。人と人の間の関係は、常に上下の違いが少しはあり、有利な取引をできなければ面子が潰れる・・・・結局は、一種の上下関係を前提とした交渉ですべてが決まるとの考え方で、この故に、国際法で常識的に決まる歴史を踏まえての領土とか、領域という、対等の関係に基づく国際関係との思考法が理解できないという。(注:小中華である韓国人の思考方法も、ほぼ全く同じと見える。)
  だから、尖閣諸島であれ、チベットであれ、南シナ海であれ、力関係で決まるべきで、歴史的な経緯、裏付けなどは、学者らが勝手にでっち上げさえすれば、何とかなると考えるらしい。神とか、世間様とか、お天道様とか、そういう上から監視している第3者の目を感じることなく、全てを「俺様の独断」で決める傾向が強いのが中国人だという。中国人の友人は、日本人の友人に対して、「どうして今の強い中国に対抗して、日本人は、ちっぽけな尖閣諸島を諦めないのか?お前たちに理性はないのか?」と不思議がるのだという。

5.俺様主義にも限界はある
  それでは、中国人の場合、経済が膨張し、大国となったら、とめどもなく暴虐性を増大させていって、限度というものを知らないのであろうか?

  小生はそうではないと思う。多くの中国人上層部、金持ちたちが、子弟、家族を海外に送り出して、彼らのところに送金して、いざという場合の亡命拠点を築くことに躍起だ(自分自身のためにも、米国、カナダなどでの永住権取得に躍起だ)という現象は、要するに彼らにも、「俺様個人の限界」ということ、世の中何時までも自分の思い通りにはならない、必ず揺り戻しとか、逆境が待ち構えているから、さっさと逃げる準備は常に怠らない、という「冷めた現実主義」もあるのが中国人だと思う。(注:天命が変わって革命が起きるという思想が存在するという。)

  そもそも、中国社会の歴史は、勃興と衰退、そして革命の繰り返しで、ここ2千年ほどほとんど実質的な進化がない、というのが正しい。士大夫階級が皇帝に仕えつつも私腹を肥やし、皇帝とその家族は栄華を味わい尽くすと内紛をはじめ、他方で、富を吸い尽くされ、窮乏化した庶民が反乱を起こして、国家が衰退し、革命がおき、士大夫たちは富を抱えて外国へと逃亡する。
  今の「共産党幹部たち」が、昔の皇帝に仕える士大夫階級と何ら変わらないのは、中国史が進化しない歴史の罠から絶対に抜けきれない弱点を抱えているからだ。要するに、国が大きすぎて、公平な政治、統治、「善政」などができないから、「俺様の欲望」を抑える伝統が無く、民主主義的で、公平な社会などが実現した経験が皆無なのだ。(注:儒教では、忠、孝、仁の徳目を掲げるが、仁に基づく「善政」など実現することは稀だ。忠、も孝も、所詮は君主、或は父親・同族に対する報恩思想で、民の重視には結びつかない。また、「民」という思考においては、支配するものと、支配されるものという階級差が前提とされている。)

6.中国は、より小さい領域に分国すべき
  他方で、日本とか西欧などの歴史では、小国で、或は封建制などで、極めて小規模の大名、領主による統治、などが長年続き、そういう社会では、搾取しすぎれば民が逃亡するので、常識的で、公平な統治(善政)が不可欠となり、結局庶民の経済的水準も徐々に向上するとか、地方自治の進展とか、民主主義的社会の実現とかがある。

  要するに日本、西欧では、「皇帝と士大夫(韓国では両班)という搾取しか能のない統治体系」ではない、賢明な統治とかが歴史的に徐々に実現されたから、「国民」という単位での愛国心なども健全に育ったのではなかろうか。「俺様皇帝と俺様士大夫階級だけが繁栄し、庶民は貧しいまま」という社会構造が、大幅に変わって、適切な民主主義社会とならない限り、中国が今後も長持ちする可能性は低いように思う。

  そして、日本、西欧などで、地方自治とか、民主主義とかが一定のレベルへと高まったのは、それなりに統治しやすい小さい単位(領域が狭く、領民数も相対的に少ない)だったからだ。つまり、中国も、統治すべき領域をより小さくし、かつ、領土内の民の人数もより少ない、そういう新しい形での国家形成が不可欠なように思える。
  言語の相違、地理的に妥当な領域、という視点から見れば、中国は、満洲、北京、上海、四川、広東の5カ国に分裂し、更には、内蒙古、ウイグルとチベットには独立を許すべきだと思う。遠い将来にしか実現しえない夢かもしれないが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

 シナが「面子主義」というのは興味深い分析ですよね。日本人も体面を重んじますが、シナや朝鮮とは基盤やメンタリティが違っている。儒教圏が異様に面子に拘るのも納得です。尤もシナ人は敵わない相手には面子を潰されても、叩頭も平気なのです。これぞ「冷めた現実主義」でしょうね。以前mottonさんがシナについて、こう書いていましたが、見事に当たっている。
「力のない時は王道で夢想し、力のある時は一気に覇道にでる」

 シナに思い入れのある日本人には儒教がベースとなっています。しかし、実際のシナ人は孔子の時代から綺麗ごとと信じていなかった。弱肉強食があの国の実態でしたから。
mugi
2014/06/06 22:57
こんにちは、
 5--6日、小生夫婦は、昨年あたりから希望していたけど、なかなか実現できなかった「平城宮跡」を見学に行きました。新幹線で昼頃(12:27)に京都につき、近鉄線急行で南下し、大和西大寺駅からバスで佐紀町駅につき(14:20)、再建された平城宮跡の大極殿と朱雀門を見て回り(かなり長距離歩くので、昔の都=中央官庁街の大きさが分る)、さらに、朱雀門西側にある平城京歴史観で、アニメ化された奈良時代の歴史映画を何本も見ました。この歴史観には、遣唐使船の実物大模型もあります。古の奈良の都の壮大さとかをCG画像で俯瞰し、実感させてもらえました。修学旅行の中高生を乗せた多くのバスが来ていましたが、幸い我々の入館時は、中高生とは少し時間がずれていて、うるさくは無かった。朱雀門の北側、平城宮の南端部分を近鉄奈良線が東西に横切っているのも、不思議な光景です。朱雀門南側から歩いて大宮通に出たのが、16:50頃で、丁度バス停を見つけたら、17:03に県庁前まで行けるバスが来るというので、助かった(バスは1時間に1本だけ、しかも流しのタクシーが見当たらないので)。その晩はホテルに泊まり、翌6日(金)は朝9時半過ぎにホテル発、南の元興寺→奈良国立博物館→東大寺(大仏殿)→興福寺国宝館(阿修羅像)→興福寺東金堂と見て回りました。その後は、奈良市内で昼食後、近鉄奈良駅→京都駅→新幹線のぞみに15:54ーー18:13東京着。行き当たりばったり(ホテルは事前予約)で何とか旅できたのは、妻が結構事前に調べていたから。
室長
2014/06/07 09:07
(続)
 今回の旅で気づいたことは、奈良時代は本当に、中国の長安を模倣し、都も、お寺も、全く中国風に建築したのだと実感させられたこと。
 東大寺には、多くの中国人観光客が来ていましたが、彼らにとっては、自国の西安を見学するよりは、むしろ今の東大寺を、或は平城宮を見る方が、唐の時代をしのぶには絶好の景色かもしれません。
 今から1300年ほど前に、文化格差が大きかった日本国が、本場の唐から、経典、書籍、仏具などの他に、これほどの大伽藍建築技術すら、完全に持ち帰っていたとは、当時の日本人の(或は渡来人たちの)建築技術なども、それなりに高度なものだったはずです。
 なお、興福寺国宝館では、阿修羅像が本当に感動的でした。現代の美女と言っても全く違和感がない、これほど現代的な美女の立像があるということ、このような造形が、あの時代にできたこと、本当に驚きです。
室長
2014/06/07 09:18
(続)
 旅日記の方を先に書いてしまいました。
 ともかく古の中国の「当時の文明度」は、日本人に大きな衝撃を与え、即刻に追いつき、追い越さねば、侵略される危険性も感じていたはず。そして、今ならある程度実感できるように、当時の日本人は、小規模とはいえ、きちんと唐の文明を摂取して、自分のものとし、仏教文明なども極めていたと見えます。

 俺様主義の中国は、急速に伸びては、萎んでいく・・・という過程を繰り返してきた。だから、上り坂の時には、盗れるだけ取るという、貪欲さが目立つ。しかし、下り坂と感じると、さっさと逃げ出す、そういう「冷めた現実主義」の連中です。おっしゃるとおり、必要とあれば、卑屈にへりくだることもできる。
  近代的な、国家への愛着、愛国心など、いくらお題目として唱えても、根本的には中国思想になじまないと思う。国民形成に失敗しているから。旧来の、家族、同族の利害の範囲でしか思考しない実利主義、現実主義が歴史的に根付いている。

 日本とか、西欧の封建時代、中世などのように、小さい範囲の領国で、領主たちが善政を競い、地方自治が発達していく、民主化していく、という過程を一度も経験していないのが中国の欠点で、悪政を前提に、今稼ぐだけ稼いで、世の中が不安定となったら、富を担いで持ち逃げする、という発想しかないのではないか??
室長
2014/06/07 09:34
こんにちは。

「平城宮跡」を見学に行かれたとは羨ましいです。遣唐使船の実物大模型だけで見応えがありそうですが、元興寺→奈良国立博物館→東大寺(大仏殿)→興福寺国宝館(阿修羅像)→興福寺東金堂のコースは素晴らしい。
 興福寺阿修羅像は写真やТVでしか見たことがありませんが、本当に見事ですよね。女性にも人気のある仏像だし、私も何時か、直に拝観したいものです。インドのむくつけき男の阿修羅像が、ここまで変化したのも面白いですが、インド人にも感想を聞きたいものです。

「苛政は虎より恐ろしい」という諺がありますね。あの国の苛政の背景には長い異民族支配もあったかも。元来は余所者の異民族だったし、稼ぐだけ稼ぎ、形勢不利になるや持ち逃げというパターンが根付いたのやら。
 シナでも地方の小地主などは、さほど搾取せず、小作人たちに善政を施したケースもあります。彼らは文革時、かなり迫害されたことが『マオ』に載っていました。
mugi
2014/06/07 16:18
こんにちは、
 地元生まれの地主たちは、子供の頃に一緒に遊んだ悪ガキ仲間が大人となっても自分の友人として、村の中で生きているわけですから、善政を心掛けざるを得ないでしょう。友達から搾取はできない。

 中国の苛斂誅求の元凶は、科挙という暗記秀才主義にあると黄文雄氏が言っていた。古典の暗誦名人がそのまま高官として地方知事として派遣されると、広い地域内から効率よく搾取することしか考えない。名君となるための暗記は、自分が皇帝となれるなら役立つかもしれないけど、地方高官なら、中央へ送る租税よりも、自分の懐に残す「自分の取り分」を優先してしまう。

 小地主の子息が、暗記秀才で科挙に受かり、より広い広域を支配する高官となれば、子供時代の悪ガキ・友人らも集まってきて、部下となって搾取の手先となって活躍するのです。
 科挙制度の弊害は大きかったと言える。
室長
2014/06/08 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
偏向史観の故に自滅しない方法 ブルガリア研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる