「青い鳥」総理は、政治家になるべきではなかった

さて、四月末から07年6月スタートのこのブログ(ブルガリア研究室)の記事の人気度を調べたり、3年弱の間に書いた記事の分類などして、少し一息ついてしまって、新規の記事を書くタイミングを逸してしまいました。また、頭の方も、万年連休の隠退生活にもかかわらず、世の中の「連休」ムードに便乗して、のんびりしてしまったので、記事のお休みが長くなりました。
 今日は少し、おとぎ話の世界(であって欲しいのですが)に関して、書いてみます。

1.産経新聞掲載の湯浅博氏論評
 5月7日付産経紙1面に掲載された、湯浅氏(産経新聞「東京特派員」)の評論記事は『くにのあとさき:”青い鳥”はいたのか?』という、メルヘンチックな題名だ。しかし、実際の論評内容は辛辣だ。
 チルチルとミチルが青い鳥を探すおとぎ話になぞらえて、「意外裡」の青い鳥を期待した東条英機首相と、同じように「現実を直視できず、幻想を追ってばかりいる=これがloopyという英語の意味らしい、決して、愚かな、という意味ではないそうです(?)=人物」、すなわち、鳩山由紀夫首相を比較して、同種の人物と断定した、きつーいお叱りの批評である。

2.東条英機は、机上演習結果を受け容れ拒否!
 小生が、最近「昭和期軍部への断罪」記事(http://79909040.at.webry.info/201003/article_4.html)でも触れたように、昭和期の「ペーパーテスト秀才軍人」達には、奇妙な「精神主義」という幻想癖があり、日本国を敗北必至の戦争に導き、国家を滅亡させたのである。その根本的な過ちは、現実を冷徹に、客観的に直視せずに、「期待値」を膨らませた「幻想」を加味して、自分の希望に添った、自分自身に好ましいような形での「情報」のみを「採用する」という、愚かな情勢判断を行ったことである。最近、小生は、『孫子』の兵法に関する著書を幾つか読んでいるのだが、2500年前の偉人・賢人である孫武先生からも、昭和期軍人と鳩山総理は、落第点しか貰えそうもない。「孫子」で一番有名な格言は、「彼を知り、己を知れば、百戦あやうからず」である。
 しかるに、幻想家には、彼我の戦力把握はもちろん、沖縄の地理的重要性(地理的に不利、不適な「県外」などという選択肢は初めからあり得ない)という、一番単純な軍事的用件すら見えていなかったのだ。鳩山総理の頭では、沖縄の「負担」を軽減するということが大事で、「軍事的、戦略的な必要性」に関する意識はゼロだ。要するに、国防という意識がゼロだ。呆れてものも言えない!

 湯浅氏が紹介している机上演習とは、昭和16年の夏、首相官邸近くに、30代の軍官民から選抜した人材からなる総力戦研究所という組織を作り、彼らに架空内閣を作ってもらって、「日米もし戦わば」という想定での机上演習をさせたのだそうだ。シミュレーション結果は、「日本現在の国力を持ってしては、敵と互角に戦える期間はせいぜい2年であり、その後は漸次国力が消耗して、最後にはソ連の参戦を誘致して敗北する」というものであった由(湯浅氏引用の出典=高山信武著『昭和名将録』)。

 メモを取りつつ真剣に聞いていた東条陸将(この演習3ヶ月後には首相)は、「諸君の研究の労を多とするものの、実際の戦争というものは、君たちが考えているようなものではない」、「日露戦争でも、我が帝国は勝てるとは思わなかったが、しかし勝ったのであります」、「意外裡の要素を考慮すべきなのであります」と述べて、シミュレーションの結果を否定し、それでも「青い鳥は存在する」という、「意外裡」(!!)という、希望的観測要素を強調して、正論を拒絶したという。

3.鳩山=東条
 湯浅氏は、鳩山由紀夫首相が、「国外か、最低でも県外」という「幻想」にしがみついて、なかなか周囲の正論、官僚達の正論には耳を貸そうとしなかったという。小生には、最近の鳩山首相の言動は、今なお、自分は「青い鳥」を追求する「前向きな人間だ」、現実を変化させようとしないような「夢のない人間とは違う」、とでも言いたげな雰囲気に見える。米国人が言うように、まさに現実遊離の「夢想家」にすぎない。目つきはうつろだし、その発する言葉には迫力も、真実味も、何も感じられない。政治家は、現実を冷徹に見据えて、可能な範囲で工夫を凝らすが、非現実的な「夢」を追ってはならないのだ!!

 我々国民としても、昭和期軍閥の「悪事、欠点」を総合して、幻想の道に突き進んで、変針の勇気を持たなかった東条英機首相と同様に、「自らの偏屈な信念、幻想」に固執して、遂に米国人らから「現実を直視できない、愚か者=loopy」とまで評されるようになった鳩山=「青い鳥追求首相」が、このまま何時までも首相職に居座っては、またもや国家の破滅を導くのではないか、と、既に毎日はらはらする日々を送っているわけである。いいかげんにしてほしいものだ。自らの「愚かさ、浅はかさ」を「直視して」、参議院選前にも辞職するのが、同じ「お坊ちゃん内閣」の当事者達だった、安倍、福田、麻生元総理並の「見識」というものだろう。
 これ以上居座れば、安倍、福田、麻生、3氏にも劣る、国民に害をなす、とんでもない「幻想家、夢想家総理」として、歴史に名を残すのであろう。

 

この記事へのコメント

スポンジ頭
2010年05月10日 23:46
こんばんは。お久しぶりです。

鳩山首相の場合は八方美人が行き詰まりこのような情況に陥ったと思われますが、後ろで操っている人が参議院選までは辞めさせてくれないと思われます。もう破れかぶれの状況となり、米軍訓練を全国で持ち回りにして基地移転に替えると言う発言までしています。軍事に詳しいブレーンがいないのでしょう。

そして、私が今恐れているのは情報封鎖の危機です。宮崎県で4月20日に口蹄疫が確認され、現時点で4.5万頭牛豚が殺処分されています。私が知ったのも連休中ネットで偶然見たからですが、その偶然がなければ本日まで知らなかったと思います。政府の援助を求めて地元の自民党議員が申し入れても無視、消毒液ももらえず、知事の一存で自衛隊派遣を要請し、県レベルで懸命に防止に務めたもののこのような情況になったそうです。口蹄疫発生の報告を受けた赤松農林大臣は外遊を行い、帰国は7日、真っ先に行ったのは民主党議員の後援会出席のため栃木県、宮崎入りは10日でした。そしてこのような惨状なのに大臣の宮崎入りまで一切の報道がなく、あまりの異様な報道封鎖に慄然としました。東国原知事も自分のツィッターでマスコミが報道しないのを不思議だと書いていました。そして総務省の原口大臣が報道規制をしたと勘ぐられても仕方ない書き込みを自身のツィッターでしています。
ここにまとめがあります。
ttp://chaosseed.qlookblog.net/2010/05/10-10.html
10年前にも口蹄疫が発生しましたが、その時は800頭も処分せずに済みました。まとめのすべてが真実とは限りませんが、以前とは比較にならない頭数を殺処分しているのに一切報道せず、政府の不手際を責めない報道が異様に感じられます。戦前は政府が発言を規制したと学校で習いましたが、全く同じ事を民主党がしているのを見るとやりきれません。
2010年05月11日 10:30
スポンジ頭さん、
 貴重な情報ありがとうございます。口蹄疫に関しては、小生はかなり前から知っては居ました。テレビではある程度報道していたと思う。でも、確かに、新聞報道が少なかったから、テレビのニュースをよく見ない人とか、口蹄疫の恐ろしさを知らない人は、気がつかないのでしょう。
 ブルガリアでは、社会主義時代に、しょっちゅう口蹄疫の発生があり、そのたびに国境を車で通過するときには、消毒液の人工的水たまりの中を通過するやり方で、ギリシャ、トルコ、ユーゴなどの隣国に出国したし、入国時にももちろん消毒液の水たまりをジャバジャバとわたって入国でした。時には、トラックなどは、人間が車体の下部に消毒液をホースでかける作業をしていました。乗用車に比べて、トラックなどは、車体下部の位置が高くて水たまり方式では不十分だからでしょう。
 ともかく、赤松大臣は、労組よりの発言ばかりで、左派系色濃厚な政治家ですが(元々社会党)、農業、口蹄疫に関する知識が希薄なのでしょう。しかし、今日はニュースで、宮崎県の農家に、口蹄疫被害につき、全額賠償する!!という発言をしています。元来収入を上回る赤字財政という、戦時以外ではあり得ない、むちゃくちゃな放漫財政の鳩山政権ですから、参院選という選挙を控えて、更にじゃぶじゃぶと国費を浪費するつもりのようです。
 民主党がここまで、破廉恥で、責任感ゼロの政党だったとは、呆れてものも言えません。
スポンジ頭
2010年05月11日 20:19
>>かなり前から知っては居ました。
ご存知でしたか。私のいる場所(関西)では全く報道がありませんでした。口蹄疫発生を知った後、結構注意してテレビを見ていたものの発見できませんでした。ネットで見ると宮崎の地方版に関しては大手新聞社も報道してました。ネットの話だと、現在でも宮崎の隣県でもさほど報道してないとかで、異様な温度差があります。
>>しょっちゅう口蹄疫の発生があり
ブルガリアではそんなに身近な病気だったのですか。かなり強い基盤のある農業国と言うイメージが有りましたが、大変な情況だったのですね。ヤフーの掲示板で政府に責任があると思われたくないのか、口蹄疫は菌がすぐ死んでしまうとかデタラメを書いている人がいましたよ。何者なのやら。
ネットの情報によると、10年前宮崎で発生時は700頭処分で30億円の費用だったそうですが、今回は現時点で7.7万頭ですので、単純計算でも3300億円。頭痛がします。テレビでは感染封じ込めに失敗してないとか、赤松大臣の外遊は仕方がないとか主張したり、不可解な報道になってます。
>>元々社会党
赤松大臣はどうもキューバのカストロ議長会いたさに外遊したと思われても仕方がありません。驚いたのは外遊中の農林水産大臣代理が宮崎出身の福島党首だった事で、なぜ故郷のためにも手をうたなかったのか理解出来ないのです。社民党も民主党も理解に苦しみます。そしてマスコミも。
2010年05月11日 23:29
>>赤松大臣がキューバでカストロ議長にあいたかった。
 09年2月の小生の記事(http://79909040.at.webry.info/200902/article_1.html)で紹介したように、「キューバの社会主義」もやはり北朝鮮、旧東欧と同じく、資本主義を否定している故に、経済はちっとも改善されず、人々の生活はいつまで経っても向上しないのです。そんな国に行って、独裁者にあって、何を会話していることやら。一度社会主義思想に惚れ込んだ人間は、何があっても宗旨替えできないというか、アホが直らないというか、バカですねー!
 そういえば、昔(1972年頃の話)、ブルガリアに駐在していたキューバ大使は、「キューバではヒーノが大評判なのだ。エンジンが丈夫で故障しないし、燃費も本当にお得で、ヒーノのバスは皆が賞賛している!」と大絶賛していました。ヒーノのオムニブスとは何か、すぐにはぴんとこなかったのですが、色々質問して、日本から何らかの機会に援助としてキューバに提供された日野のディーゼルエンジンバスが、社会主義国製(ソ連圏社会主義陣営では、大型バスは、ハンガリーが担当していた)のバスに比べて、あまりにも故障が少なく、性能が抜群で、燃費も安くついて、キューバでは皆が驚嘆したというのです。赤松大臣も、日野のバスとトラックを数台でも支援した方が、キューバで大きな顔ができるでしょうに。
 
2010年05月11日 23:42
(続)
  しかし、大手マスコミが宮崎の口蹄疫を、さほど報道しないというのには、口蹄疫についてよく知らない国民が、宮崎の肉を買わなくなることを心配したのかも。NHKのテレビでも、初めの報道時から、「万が一食べても、食中毒とかそういう心配はない」とわざわざ念を押していたので、農水省から、風評被害を恐れて、各マスコミに要請があったのではないでしょうか?

 欧州は陸続きの国家が多く、口蹄疫を国境で防ぐことは、簡単ではないので、結構流行ることがある。特に衛生管理が苦手な、社会主義国ではよく発生していました。だから逆に、すぐに報道して、皆に注意を促していましたが、畜産が農業の主流でない日本では、獣医学的知識に皆が弱いので、報道に慎重になるのでしょう。決して民主党に肩入れしての、マスコミ判断ではないと思うのですが、まあ小生には断定する材料がない。
  7.7万頭=3千億円もの損害を、全て国費で賠償するというのは、気前が良すぎですけど、確か米農家にも、今後は所得保障するとか、民主党農政は、どうせ農家へのばらまきで、ひどいものです。たしか、今回の口蹄疫は、香港で最近あった種類とか。中国、香港からの輸入品の何かに、口蹄疫菌がくっついていたのか、観光客の靴について入ってきたのか?
 そういえば、ブルガリアでは、空港でも、消毒液入りのスポンジマットを踏んでから入国させたり、出国させたりしていたのを思い出しました。国境検査に当たる場所では、徹底して消毒液を使うのですが、大陸では、流浪性の牛とか豚、羊が、勝手に国境を通過してしまうこともあり得るので、口蹄疫を国境で食い止めるのは、結構難しい。しかし、海という障壁のある日本で、口蹄疫が発生するとは、小生も意外です。
スポンジ頭
2010年05月12日 21:43
>>農水省から、風評被害を恐れて、各マスコミに要請があったのではないでしょうか?
総務省の原口大臣がツィッターで述べているのが本当なら総務省ですね。肉を買わないと言っても風評被害を防ぐのがマスコミの役目ですし、口蹄疫になった時点で出荷なんて出来るのでしょうか?鶏はかかりませんが、しばらく前から私がいつも帰宅時に行くスーパーの惣菜コーナーから宮崎産鶏肉が消えています。ネットでの書き込みですが、牛肉もしばらく前から消えてしまい、奥さんたちも不思議がっているとか。しかも宮崎県が再三要請しても国が動かず国道封鎖も出来ない、消毒液も貰えないとなると、別の目的があるとしか思えないのです。ヤフーの口蹄疫のニュースはコメントがつけられるように成っているのですが、赤松大臣が宮崎に行く前はいくら書いてもコメント数上位に来ない、そして突然2位に浮上したり、また沈んだりとか不思議な動き方をしていましたし、私がマスコミ規制について書いたら弾かれてしまいました。
大臣が宮崎入り後には、別の口蹄疫ニュースに関する書き込みが一気に二位に上がっていましたし、どうも勘ぐってしまいます。しかもマスコミは今回政府批判をせず宮崎批判に廻ったりして(あれほど前政府の時は批判をしたのに)、今回政府を批判したのは関西テレビのアンカーという番組だけです。
>>海という障壁のある日本で、口蹄疫が発生するとは、小生も意外です。
ウィキペディアなので参考程度ですが、あの菌は海だと250kmは移動できるそうです。通常なら観光客について入ってきたものと思われます。他にもネットでは噂がありますが、信ぴょう性が判断出来ません。しかし、本当に予算を考えるとどうするのかと思います。
2010年05月12日 23:45
 確かに口蹄疫は、鶏には感染しない。またおっしゃるとおり、口蹄疫が出たら、牛肉も、豚肉も、羊肉も、その地域から外には出してはダメだし、当然他地域で売られることはないでしょう。今日見た朝日(電子版)ニュースでも、屠殺処分を担当する獣医関係者が不足して、屠殺が進まず、宮崎県が農水省に支援を要請していると書いてある。また、道路封鎖(家畜の移動を禁止し、監視するほか、あちこちの検問所で、車を消毒する・・・・などの対策が十分取られていない由。日本国は、畜産関係の経験が浅いというか、農水省に十分口蹄疫対策のマニュアルが出来ていないのか、かなりひどい対応ぶりのようで、信じられないです。
 マスコミも、獣医学関連の記者が少なくて、きちんと報道できないのか、どういうことでしょう。不思議です。やはり、政官マスコミの間で、何らかの報道規制を敷いているのでしょうか?日本で、そのような「規制」が行われるなどとは信じがたいです。
2010年05月12日 23:55
スポンジ頭さん、
 ところで、田中宇のブログ記事で、韓国哨戒艦と米原潜が、同士討ちという事故的な不祥事を引き起こしてしまったのが、先の韓国における海軍事故の真相だという仰天ニュースが掲載されています(http://tanakanews.com/100507korea.htm)。この記事は、たぶん購読料を支払っていない人でも読めるはずですので、ご参照下さい。
 最近の報道から、徐々に魚雷による沈没と判明しつつあり、しかも犯人は北朝鮮と思っていたのですが、それ以上に深い真相が隠されているのかも。田中ニュースは、必ずしも信憑性は高くないのですが、どうもこれまでの韓国政府発表とか、米国などの発表ぶりが、すっきりしないという感じもあるので、こういうびっくりニュースにも惹かれてしまう。
スポンジ頭
2010年05月13日 20:43
>>日本国は、畜産関係の経験が浅いというか、農水省に十分口蹄疫対策のマニュアルが出来ていないのか
 10年前に口蹄疫が出てますからマニュアルが無いとも思えません。しかも10年前は700頭、100年前は500頭の感染ですから、経験不足の100年前にも劣ります。これは宮崎大学農学部のhpですが、そこも総動員で感染防止の活動をしたそうで、本当に大変だったそうです。口蹄疫の症状写真があるのでちょっと閲覧注意(http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/hygine/HP/index.htm)。今はありませんが、以前GW中の教職員と学部生の感染防止予定表が掲載されていました。ある程度人員の活動時期をずらしてあるものの、一度活動すると長い間休みなしの情況でした。こう言う話が報道されないとは残念です。
>>日本で、そのような「規制」が行われるなどとは信じがたいです。
 私も信じがたいのですが、GWに記事を見つけて以降、テレビを付けても大臣宮崎入りまで一向に報道されなかったのは疑わざるを得ません。もし、小沢幹事長の地元岩手県で感染例が出た場合の政府の動きを知りたいものです。
>>田中宇のブログ記事
 陰謀論の人ですね。たしかに韓国政府の発表は歯切れが悪く、また日本も巻き込んで「真相究明」を言い出しているのでおかしな心持ちはしてますが。とにかくネットをして思うのは、いかに有益なニュースを自分の力で見つけなければならないかと言うことです。ちなみに私の印象ですが、田中氏は鳩山首相路線を支持しているのじゃないかと思います。中国に入れ込むのは危険なんですが。
mugi
2010年05月14日 22:51
横レス失礼致します。

 私の家で朝に見るのはNHKのニュースですが、今日やっと口蹄疫を取り上げました。宮城県の河北新報は見落としてしまいそうなベタ記事で載せた程度です。昨年の新型インフルエンザなど、連日トップニュースで報道したのと大変な違いですね。泥酔したタレントさえ、馬鹿げてますがトップニュースで伝えたのに。食品に関ることだから、あえて報道規制しているのか、と疑いたくなりますよ。

 さらにスポンジ頭さんがご覧になられたヤフー掲示板ですが、2ちゃんねると同じくあのサイトには、ネット工作員を疑われる怪しい書込みも珍しくありませんよ。宮崎の農業関係者ばかりとは思えませんが。
 少し前、小沢幹事長がテレビのコメンテーターを買収したというネットニュースもありましたね。その程度のことは彼にとって当り前でしょうし、報道規制くらいやりかねません。

 さて記事に関してですが、東條と現首相の共通性を様々挙げられると、本当に頭が痛くなります。夢想家のお坊ちゃまくらい、指導者に相応しくない者はない。民主党幹事長は選挙の目玉に柔道の谷選手を担ぎ出してきましたが、スポーツと子育てをしながら議員もこなすというのは、政治をいかに軽く考えているか分かりますね。柔ちゃんに投票する選挙民も結構いるでしょう。
2010年05月15日 09:52
>スポンジ頭さん、
 どうも田中ニュースで言う「同士討ち」説は、他の情報で裏打ちできないように思われ、小生は少し眉唾と感じ始めました。北朝鮮の小規模潜水艦が魚雷攻撃した、というのがやはり真相ではないか?確かに田中氏の「陰謀史観」は、小生昔から眉唾です。

>mugiさん、コメント参加ありがとうございます。湯浅博という、産経の古参記者(現在は、客員記者的な地位らしい)は、なかなか鋭い視点を有していて、良い記事を書きます。高畑という経済記者=論説委員も、経済知識から鋭い分析記事を書きます。まあ、産経紙は、数名の名記者のおかげで、面白いです。祖父の鳩山一郎、子息の威一郎、そして由起夫・・・鳩山家の政治家は皆、国益を崩すような、奇妙な政策を採用する。やはり、たんなる八方美人的、大衆迎合的な手法に依存するからでしょう。
 スポーツ選手などを参院選候補に起用するやり方は、本当に腹が立ちます。

この記事へのトラックバック