従軍慰安婦部隊の本物は、韓国軍が設置していた!

  慰安婦問題に関しては、国際的な反日宣伝に一番利用できると見て、韓国官民が「慰安婦像」という、少女の像を北米の公園、その他で、目立つところに建設しようと画策しており、この歪曲史観の押し付けに日本国民は激怒している。さすがに、韓国内の有識者の一部の間でも、史実に目を向けて、「慰安婦は遊女だった」と真実を指摘する人物がいる:ソウル大学名誉教授の安秉直(アン・ヒョンジク)(77歳)氏だ。
 この安教授については、小生は二つの記事切り抜きを持っているが、一つはweb記事でも読めるので、皆様に次の記事を参照願いたい:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000045-scn-cn

 もう一つの安教授記事と、産経紙の名物記者阿比留瑠比(あびる・るい)氏が指摘した、韓国軍が朝鮮戦争時に「特殊慰安隊」という、それこそ本物の「従軍慰安婦部隊」を設置していた事実の二つは、小生を本当に驚かせたので下記にご紹介する。なにしろ、韓国人学者が、実証的研究で、大東亜戦争時の慰安婦の実態を証明している、或は韓国陸軍当局が公式に記録した戦史に、韓国版の従軍慰安婦部隊のことがきちんと記録されているにもかかわらず、これらには目をつぶって、反日攻撃に専念するという、韓国人の呆れた歴史歪曲、反日宣伝への偏向した熱情、嘘つき行動の異常さには、ほとほと呆れるしかない。

1.週刊ポスト誌掲載の安秉直(アン・ヒョンジク)教授の実証研究:題名「韓国人が絶対に認めたくない「慰安所従業員日記」の新事実」(週刊ポスト誌13年9月20日・27日号掲載、以下は小生による要旨のみの記載)
 安教授は、20年前に、「韓国挺身隊問題対策協議会」という団体と共同で、慰安婦問題を調査していたが、やがてこの団体が、真実に迫ることに関心が無く、日本を攻撃することだけが目的と気づいたので調査団から離れたという。教授はその後「お前は馬鹿な親日家だ」と罵られながらも、一人で実証的研究に励んできたという。
 この記事で書かれた内容では、1905年朝鮮生まれ、79年死亡のある慰安婦施設運営者(朝鮮人男性)の日記のうち、ビルマとシンガポールで慰安所経営に携わっていた43年、44年の分が主たる慰安婦関連の貴重な資料として取り上げられている。日記は、第三者に見られることを想定しておらず、慰安婦や慰安所の日々の様子が淡々とつづられているという。
(1)最初の、日記からの抜粋記事:
①鉄道部隊で映画があると言って、慰安婦たちが見物に行ってきた(44年9月6日)。
②保安課営業係に金○愛の廃業同意書を提出し、証明を受け取った(44年9月6日)。
③帰郷する慰安婦お○と○子は、明日の乗船券を買った。共栄倶楽部(シンガポールにあった慰安所の名称)の慰安婦尹○重(○子)も、明日出発だ(同年4月5日)。
④正金銀行(東銀(現三菱東京UFJ銀行)前身の横浜正金銀行)に行き、送金許可された金○守の1万1000円を送金してあげた(同年12月4日)。
  小生注:①慰安婦が、日本軍鉄道部隊の主宰する映画を見物していた・・・普通の生活をしていて外出の自由があったということ。

 ②③慰安婦には、廃業が許されていたし、帰郷することができたということ。「性奴隷」なら、廃業を許可されるだろうか?帰郷の乗船券は、慰安婦が自分で外に出て買ったようだ。帰郷のための船賃を自分で持参し、自ら乗船券を買っている。業者側が、軍の保安課で「廃業許可」を取得してやって、他方帰郷の乗船券購入が、慰安婦自身である・・・・・慰安所運営者と慰安婦の共同作業で、円滑に帰国手続きが行われていて、争いが見られない。相互に信頼関係が存在した証拠だ。また、お○と○子は、日本人らしいし、尹○重(○子)は朝鮮人らしい。朝鮮系慰安婦には、カッコ内で、日本名も存在したらしいことも分る。要するに、慰安婦には、日本人、朝鮮人が共存していたのだ。朝鮮系の運営者が営む売春宿でも、日本人の慰安婦も混じって雇用されていたことが分る。

 ④一人の慰安婦が、1万1000円もの大金を海外から本国へ「送金」している(しかも、業者が送金を代行している、ここでも業者と慰安婦の間の信頼関係が見られる)・・・当時の出征兵士の月給は20円程度で、このうち約1/3が慰安所での「経費」となっていたらしいから、兵士一人が月に1回慰安婦を買っていたとして、1回の料金は6--7円となると思う。この内、慰安所経営者の取り分が1回あたり1円とすれば、これで計算すると、この大金を送金した女性は、11000円÷5円=2200回、すなわち最低でも(生活費分を除外しないと仮定して)2200回以上「寝た」ことになるが、1晩6回をこなした、と仮定すると、約366日でこの金額を稼げる。恐らくは、毎日の食事代、化粧品代などを差し引くと366日=ほぼ1年でこの大金は貯金できないであろうが、1年半もあれば稼げた金額かもしれない。この計算に従えば、当時の慰安婦=遊女は、戦場での死亡確率が高かった兵士らとは違い、それなりに相当高給を受領し、生き残れる確率も高かった、その意味では、兵士たちより恵まれていた、と評価できるのかもしれない。


(2)強制連行説を否定
 安教授によれば、この日記から、慰安婦の募集には朝鮮人業者が携わっており、日本軍が拉致したという事実は出てこない、という。当時の朝鮮には公娼制度があり、慰安婦の供給源があったので、わざわざ強制連行などする必要はなった。
 日記からの抜粋:
⑤7月初めに、ラングーン(現在は、ミャンマーの首都ヤンゴンと呼ばれる)で慰安所を経営する金田氏は、慰安婦を募集しに朝鮮に行って、今回慰安婦25名を連れてビルマに行く途中にシンガポールによった。(43年12月3日、ちなみに、ここに出てくる業者は日本名だが、当時日本名を名乗る朝鮮人業者が多かった由。)
  小生注:基本的に、朝鮮国内での慰安婦の募集は、朝鮮人業者が両親に前借金を支払って娘たちを集めてきたということ。安教授はしかし、日本国内では守られていた年齢制限などの規制は、植民地(朝鮮を指す)では適用されなかったという。

(3)慰安所での生活実態は、「性奴隷」状態?・・・前線では、廃業を認められない場合もあったのだが
  日記では、女性たちに対して、慰安稼業婦、就業婦、営稼婦、稼安婦、など様々な呼び名が使われているという。このような名称の意味するところは、安教授によれば、業者側にとっては慰安婦は「性奴隷」などではなく、風俗業従事者と同様の「働き手」という認識だったという。
  更に、働く女性自身がどう感じていたかも重要。当時は5000円で東京に一軒家が建ったと言われる。上記の1万1000円という送金額から見て、慰安婦たちの稼ぎは少なくはなかったと言える。すなわち、稼げる商売の一つ、という認識もあったのではなかろうか。
  日記からは、月に2回の公休日があったことがうかがえるという。映画鑑賞、廃業、帰国など、ある程度の自由があったこともうかがえる。

 他方で、次の日記記述からは、上記の前線から遠いシンガポールと違い、最前線のビルマでは、慰安婦たちが「廃業できず、軍の命令で前線に戻された」事例を安教授は指摘している:
⑥以前に村山氏の慰安所に慰安婦として務め、今回、夫婦生活をしようと出ていった春代と弘子は、兵站の命令で、慰安婦として錦川館に戻ることになった(43年7月29日)。
   小生注:残念なことだが、当時の軍の倫理観では、半数以上が死ぬと決まっている最前線の兵士たちに、せめて死ぬ前に、少しの慰めを与えるべき、ということで、慰安婦の人数確保が優先された場合がある、ということであろう。だからこそ、単なる「遊女、売春婦」という風に見るのではなく、慰安婦たちに、「兵隊さんたちを慰めてくださってありがとう」という視点は必要だ。(また、ここに出てくる春代、弘子は、日本名しか記されておらず、やはりこの日記の書き手の癖からして、日本人である可能性が強い、しかも、帰国すれば夫婦生活できる可能性の相手の男性がいたということになる。)しかし、当時の「公娼制度」が存在した社会状況、戦争の最前線で、日々「明日にも死ぬかもしれない兵士」に何ができるか、と兵站部隊が考えれば、慰安婦を確保する、という結論が出たとしても、今の我々が非難はできない。また、最前線の部隊に同行して、部隊ともども敗北に巻き込まれ、死亡した女性たちがいたことも確からしい。部隊と生死を共にした女性たちには、哀悼の意を表したい。ただし、兵士たちとて、死と直面する現場におかれたのだし、現地からは逃れようがなかったが、彼らを「奴隷」とまではいわない。女性たちも、性的サービスの奉仕者だったとしても、「性奴隷」とまで呼ぶのはかえって失礼であろう。また、ここに出てくる慰安婦たちは、やはり朝鮮人だけではなく、日本人も含まれており、我々が哀悼をささげ、感謝すべきは、日朝双方の慰安婦たちであったという事実も、決して忘れてはならない。

2.阿比留記者の「極言御免」欄シリーズ記事:題名「慰安婦発言ご都合主義批判」(産経紙、1月30日付、小生が要約)
 NHK新会長の籾井勝人(もみい・かつと)氏に対する野党、メディアの攻撃は、日ごろ表現の自由を声高に主張する政党やメディアに限って、むしろ「気に食わない言論は真っ先に封殺しようとする」いつものパターンだ。そして、彼らのご注進を受けて、韓国が脊髄反射的に「妄言だ」と反発する…まるでマンネリ時代劇だ!
 そのなかで、「日本維新の会」共同代表の橋下徹氏は「韓国だって、朝鮮戦争のときには、慰安婦制度をしっかり設けていた。韓国の軍事史の中ではっきり位置づけられている」と「正論」を指摘している。
 この指摘を少し補強したい。

 ★「韓国軍が朝鮮戦争期と重なる1951年夏ごろから54年3月まで、慰安所を運営していたことは、韓国陸軍本部が56年に刊行した『後方戦史(人事編)』に明確に記述されている。
 金貴玉・漢城大教授の論文「朝鮮戦争時の『慰安婦』制度について」によると、韓国陸軍は軍慰安所を「特殊慰安隊」と呼び、小隊形式で編成した。
 軍慰安所は、書類上は「第5種補給品」と位置付けられ、52年には「ソウル地区第1小隊に19人、ソウル第2小隊に27人、ソウル第3小隊に13人、江陵第1小隊に30人」などと支給され、1日平均で6回以上の性的サービスを「強要」された、とされる。
 ベトナム戦争でも、参加諸国が慰安所やそれに類する施設を運営していたのは否定しようがない事実だ。」★


  小生注:上記の★で括った部分の阿比留記者の記述を見て、小生は本当にぶったまげた!!
  韓国人が、自ら「従軍慰安婦部隊」を「小隊形式で編成し」ていたという。第二次大戦後の1950年代に起きた、未だに朝鮮人、韓国人の記憶にも残っているはずの、そんな最近の事例を、自国に関しては、或はベトナム戦争時に関しても、一切無視して、どうして日本だけを責めつづけるなどということを韓国人らは考えられるのだろう。まさに「歴史の真実」を一切認めようとしない、見ようとしないのは、韓国人自身の病弊ではないか!!あほらしくて、「慰安婦関連反日運動」などは、断固として潰さねばならないと思う。自国の歴史を直視せよ・・・・これこそが韓国人らに突き付けられるべき反論だ。

  もっとも、上記の通り、2名の韓国人学者安秉直(アン・ヒョンジク)教授、金貴玉教授は、正しい歴史、実証的な歴史を「直視」しておられるようで、敬意を表したい。しかし、国全体が、少しでも日本に有利な事実を指摘すると「親日人士」として、国賊扱いするのだから、呆れた国だ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

mugi
2014年02月15日 20:07
こんばんは。

 記事にリンクされているサイトは興味深いですよね。そして産経新聞でのシリーズも考えさせられます。宮城の河北新報では、このような特集は考えられません。

 記事の内容はいかにも…ですね。室長さんは「本当にぶったまげた!!」「韓国人自身の病弊」「呆れた国だ!」と仰いますが、これぞ韓国人の「正常」な反応ですよ。元から儒教圏だし、日本蔑視は千年前からです。連中に国際的、まして日本的な常識や礼節は通用しません。
 もはや敵国なのは明らかなので、どうしたら隣国に打撃を与えられるのか、知恵を絞る時期に来ていると思います。

 記事とは無関係で申し訳ありませんが、一昨年4月、拙ブログにこんなコメントがありました。
「昔 満州にいた人から 満州には。ロシア人もいたそうでロシア人の女性は、戦前から代理母でなく 借り腹で子供を出産することを仕事にしてたと聞きました」
 
 ロシアでは借り腹で子供を出産する習慣があったのでしょうか?件のコメンターはデマばかり書く虚言症だったし、これも嘘だと思いますが、スラヴの習慣に詳しい室長さんに教えて頂きたいです。
2014年02月16日 08:36
こんにちは、
 小生もロシアに関しては、専門ではないのですが、ロシア人女性の借り腹など聞いたことはない。ブルでも、そういう話はない。そもそも、現在とは違いあのころは、孤児がいっぱいいたので、子供が欲しければ、孤児、或は貧しい人の子供を養子にすることは現代より容易だったはず。例え借り腹と思って、夫が種付けしても、DNA鑑定の無い時代ですし、夫の子供と断定できないはずで、そういう話があるとは思えない。
 そうではなくて、当時の満洲における白系、亡命ロシア人の中には、貧しいせいで、女性たちが売春婦となっていた場合もあった模様です。白系ロシア人たちは、上海に逃れ、上海でも売春をしていた例がある。日本の神戸に移民してきた白系ロシア人もいる。とはいえ、第二次大戦後は、米国に亡命できたようです。

 最近のネットでの色々な記事を見ると、中国人は腹の中では日本が大好きで、金があれば旅行客としてくるし、日本製の商品も大好きです。他方で、韓国人たちも、今から15年ほど前までは、実は日本製品を信奉していて、韓国製の家電製品、自動車をばかにしていました。どうやら最近の韓国人の「反日言動」は、全く新しい次元に入っているとしか思えない。その根底に、工業力で日本に追いついた、日本を抜いた!という自信があるようで、他方では、一部財閥企業従業員以外は、低給与と低い生活水準、格差に泣いているという。新聞などは、そういう大衆の恨み、不満を「反日感情」に逸らすことで、国内秩序を保とうという意識が働いていると思う。新聞は、サムソン、現代自動車などの資金にひれ伏しているので、国民感情を外に向けて、国内での不満を解消しようとしている。
2014年02月16日 08:55
(続)
 それから、セルビア人、マケドニア人などの例から見て、偏向歴史教育を受けた国民は、本当に歪曲された歴史、自分たちに都合のよい歴史しか認めないし、自国の教科書に書かれたことが正しいと信じています。小生が知る限り、韓国人も昔の植民地時代に日本語教育を受けた世代は、ほぼ日本人と同じ感覚を備えていて、日本語できちんと対等に話せたけど、戦後教育を受けた世代は、侮日歴史を叩きこまれていて、議論もひどい。
 中国人は、自国の教育、教科書を信用しない人々も多いから、まだよいけど、韓国人は一応民主主義で、しかし、教科書が変更していたから、マケドニア人、セルビア人と同じで、洗脳された頭の切り替えが難しいと言える。
 だからこそ、小生が上述したように、韓国人のなかの「真実を語る人」とか、韓国の公式文書(陸軍の記録)などで、実証的に反論していくことが必要だと思う。事実をもって反論していくしか、当面は対案がない。
motton
2014年02月21日 01:36
安教授は 2004年ごろに登場した『ニューライト』( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88 )に属します。

同志である李栄薫教授が 2004年に慰安婦問題に対し正確な見解を(学者として素直に) TV で述べたところ、親日派として酷い叩かれ方をしたことがありました。
また当時は左派(=親北)政権で反日反米のみならず韓国の正統性(特に軍政時代)を否定するような言説が支配的であり、『ニューライト』はそれへの対抗運動です。(日本の『新しい歴史教科書をつくる会』に似ています。)
実は、現大統領も前大統領も初期の『ニューライト』の賛同者です。左派政権を倒すために利用しようとしただけだったようですが。

韓国は上海臨時政府をその正統性の根拠としますが、日本と戦っていないのは明白でありさらに初期韓国軍は日本軍の元将兵からなっていたので、『反日』を正統性の根拠に掲げると一応ゲリラ活動をしていた金日成一派の方に正統性があります。すなわち『反日』は韓国政府を倒すための親北陣営の武器なのです。現大統領は分かっていなさそうなんですが。

ところで今年になってから『朝鮮半島の統一』の記事や発言がなんか妙に増えている気がしています。なんかありそうなんですよね。
2014年02月22日 12:16
こんにちは、
 金正恩が、経済、安保に関する視点無く、無謀にも張成沢を粛清したことで、中国の庇護を期待できなくなった北朝鮮は、韓国にすり寄って、何とか金と食糧を引き出すしか、生き残る戦略が見えないはずです。日本にも期待したけど、日本は北朝鮮に対しては、拉致問題の全面解決という、北にとって屈辱的な成果が無ければ、経済支援に動かないとわかっています。
 韓国の場合は、何とか世論を揺さぶって、韓国内の左派系世論を動員して、経済援助、乃至は、北朝鮮内に工業特区を更に数多く建設して、韓国からの投資を受け入れるなどしながら、韓国を利用できると、金正恩は考えているのでしょう。
 しかし、彼らの最終目的が、韓国における「革命」などの手段を持っての韓国占領、韓国奪取による南北統一にある以上、実は次の二つの、失敗に繋がります

①北の工作で、左派系による「革命」が韓国に成就・・・・統一してもすぐには資本主義体制を停止させないとは思うけど、財閥などは、どんどん資本を海外に逃避させるし、資本家も、技術者も、どんどん海外逃亡するので、結局は韓国経済も崩壊し、北による収奪は、一時的な利得に終わる。
②韓国が巧妙に動き、少額の北への支援、或は、開城団地の拡大などで、北に少しは利益を与えるが、他方で、国内治安は守り抜き、北主導の「革命」は失敗に終わる・・・・この場合は、うまくいけば、徐々に北朝鮮内の軍部をも懐柔に成功するとかして、これら軍人主導で北内部で「反革命」を起こさせ、南北統一を実現する・・・一番理想的な韓国側としてのシナリオ。 
  
 
2014年02月22日 12:17
(続)まあ、いずれも可能性は極めて低いとおもう。一番あり得るのは、中国が石油供給、食糧供給のポンプを占めつつ、軍部の一部などを扇動して、金正恩を政権から追放し、金正男を後釜に付けるという「宮廷革命」を成功させうるか?ということ。
 中国による介入で、北が、転がるかどうかも、なかなか難しい気がする。
  当分、情勢を静観するしかない。

この記事へのトラックバック

  • 歴史戦、安倍総理の70年談話

    Excerpt:   8月15日の「終戦」記念日前日(14日夜)に、安倍総理が行った談話は、全ての要素、テーマにつき言及する一方で、これらを客観的な立場で、歴史として扱い、自分の言葉としては、「後世の世代にまで謝罪させ.. Weblog: ブルガリア研究室 racked: 2015-08-28 11:04