ブルガリア研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮を闇で支援する旧ソ連圏

<<   作成日時 : 2018/02/14 13:21   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 さて、相変わらずブログ更新が遅れています。書くべき項目がなかなか見つからないのです。
 その上、妻が突然入院して家事負担が増えて、忙しい。

 まあ、そういうことでここは少し、昨日読んだ産経紙「正論」欄の記事にかなりびっくりしたので、これをご紹介したい。我々東欧専門家から見ると、まさに、旧共産圏の裏の人脈がやはり機能している、と言うことが確認された思いです。
 旧共産圏が、結局は軍事・軍需関係以外は見るべき産業が無かったこと、そのせいで、自由化された後にも、かつての技術を切り売りして、金儲けするしかないこと、特にウクライナのように、ロシアの侵略を受けて国家がほぼ破産している国では、ロケット技術者などが、金儲けの手段として、北朝鮮に技術を売ることは、想像に難くない。
 また、ベラルーシのように、旧ソ連の復活さえも本当は望んでいる国家では、北朝鮮のように米国に挑戦している国家をある程度支援することに、それなりの意義を見出しているとも思えます。
 以下に、関連記事を引用します。

題名:北朝鮮は、国際的に孤立などしていない 旧ソ連圏に巣くう密輸組織 
筆者:国連安保理専門家パネル元委員・古川勝久(かつひさ)
(2018.2.12付産経紙【正論】欄、http://www.sankei.com/column/news/180212/clm1802120004-n1.html

 2月8日、平壌で朝鮮人民軍創建70年の軍事パレードが開催された。朝鮮中央テレビが放送した映像には、北朝鮮の新型弾道ミサイルがずらりと登場している。2017年に発射された中距離弾道ミサイル「火星12」、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」、そして17年11月末に発射されたばかりの同「火星15」などが複数、含まれていた。

≪ウクライナで協力者を獲得?≫
 「火星」シリーズのベースは、冷戦時代に開発・製造されたソ連の弾道ミサイルだ。エンジンは、ウクライナ国営の航空宇宙専門の設計事務所「ユージュノエ設計局」が製造したICBM用RD−250型エンジンの改良型である。移動式発射台は、ベラルーシの軍事車両メーカー「MZKT社」のデザインに酷似している。ベラルーシとウクライナはいずれもソ連時代の弾道ミサイルの重要拠点だった。
 制裁にもかかわらず、北朝鮮はなぜこのような能力を獲得できたのか。

 米タイム誌は2月1日付の報道で、冷戦終了後の1990年代、ウクライナの「ユージュノエ設計局」の姉妹企業「ユジマシ社」が経済的苦境に陥っていた様子を克明に報告している。2014年のウクライナ紛争以降、最良顧客のロシアを失った後、労働者数が6分の1にまで急激に削減された。ミサイル製造工場の内部を撮影した映像には、雨漏りすら補修できないほど荒れ果てた惨状が映し出されている。

 インタビューを受けた同社の労働組合の関係者によると、労働者や技術者は仕事を得るためならば北朝鮮やイラン、パキスタンにも渡航した、と証言する。「やつらは大金を支払ってくれる」「ロケットを造りたければ、俺たちの仲間の技術者を連れてゆく。何も新しい話じゃない」

 タイム誌記者が訪問した近隣の広場には、RD−250型エンジンが野ざらしで展示されていた。約20年間、置いてあったという。意外にも、このエンジンの情報は厳重な機密情報ではない。

 2011年7月には、隣国のベラルーシ国内の北朝鮮貿易代表部に赴任していた外交官2人がウクライナに入国して、弾道ミサイル関連の機密情報を不正に取得しようとして現行犯逮捕された。
 にもかかわらず、ウクライナでは、翌12年には502人もの北朝鮮人がウクライナに入国していた。その後、13〜17年の間に、毎年100〜200人以上の北朝鮮人がウクライナを訪問している。北朝鮮が協力者を獲得した可能性は高い。

≪大使館をベラルーシに開設≫
 ベラルーシも北朝鮮にとって重要な活動拠点だ。近年、数々の国連加盟国が、北朝鮮との断交や貿易停止などの制裁措置を打ち出しているが、ベラルーシは真逆を走っている。16年9月に北朝鮮はここに大使館を開設した。通常、北朝鮮大使館は非合法活動の拠点だ。

 17年12月10日、韓国政府は北朝鮮に対する追加の独自制裁を発表した。制裁対象の一人は、北朝鮮工作機関「偵察総局」の工作員でベラルーシ駐在の「キム・スクアン」だ。情報システムの専門家で、かつてイタリアの世界食糧計画本部で国連職員として勤務していた。

 彼は通信暗号化技術を駆使しつつ、欧州に来訪する偵察総局の工作員の活動を支援する一方、欧州域内に北朝鮮の資金洗浄ネットワークを構築する任務も担っていた。
 しかし、14年2月にフランス内務省が彼を「偵察総局の要員」として制裁対象に指定した後、行方をくらました。ベラルーシに拠点を移していたわけだ。私たち国連専門家パネルがキムの活動について国連の公式文書で報告していたにもかかわらず、ベラルーシ政府は気にもしていなかったようだ。

≪ネットワークは想像を超える≫
 ベラルーシの隣国ラトビアでは、北朝鮮が複数のオフショア企業を用いて、弾道ミサイル関連物資の調達などの目的で複数の銀行を通じ資金洗浄を行っている。17年6月と7月、ラトビア政府当局は計5つの大手銀行を処罰した。

 同時にラトビア当局は、北朝鮮の武器密輸企業「朝鮮鉱業開発貿易会社」のブローカーの台湾人「蔡顯泰」も制裁対象に指定した。蔡は13年、ベラルーシに近いエストニアを訪問中、米国政府の要請を受けたエストニア当局により逮捕され、米国の刑務所に収監されていた。

 バルト諸国ですら、北朝鮮の武器密輸のための資金洗浄に利用され、その拠点が今もベラルーシにある。

 北朝鮮は、国際的に孤立などしていない。北朝鮮の非合法ネットワークは、われわれの想像を大きく超えて、世界各地に深く食い込んでいる。北朝鮮の非合法ネットワークの全容を解き明かすには、世界各地での北朝鮮の非合法活動の解明が不可欠である。その爪を引き剥がすには、細心の注意と忍耐、そして何より北朝鮮を上回る意志の強さが必要なのだ。
     


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

 奥様が入院されたそうですね。何かと大変でしょうから、くれぐれもご自愛下さい。

 さて、北朝鮮の支援国といえば中露のイメージがありますが、旧ソ連圏も加わっていたとは言葉もありません。これでは制裁はさして効果は期待できませんね。ましてグローバル時代なので、密輸もグローバル規模になります。
mugi
2018/02/16 21:30
mugiさん、こんにちは、
 妻は火曜日から金曜日の入院で済みました。感染症です。同じものを食べているはずですが、小生の方が腸の消毒力が強いのか、無事でした。
 
 ベラルーシ、ウクライナなどは、ロシアのように輸出できる資源もないので、ソ連邦の崩壊後の不況、経済的苦境から必ずしも回復できていない。もっとも、より小国のベラルーシの方が、統治しやすいので、結局経済も治安も安定しているようです。ただし、政権を握るルカシェンコ自身が、旧ソ連圏、共産圏への愛着が強いので、北朝鮮を支援しているようです。
 とはいえ、国連事務局で勤務していたこの記事の筆者ですら、これだけの材料を抑えている・・・・北朝鮮の密輸チャンネルは、米国、日本などの監視強化で、益々暴露されつつあるというべきで、北朝鮮はこれからも外貨不足、石油系資材不足、などで、どんどん苦しくなってくると思う。
  経済的に締め上げることで、一般市民、或いは上層部市民などの間で政権への反感とか、政情不安などが起きてくれれば、思うつぼでしょうが・・・。どれほど困窮してもなかなか反乱、蜂起が起きえないのが、共産圏の統制の凄さでもある。
室長
2018/02/19 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮を闇で支援する旧ソ連圏 ブルガリア研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる