テーマ:内政

第3次ボリーソフ政権の誕生

  さて、3月26日の第44次国会に向けた総選挙実施後、新政府形成にむけて、総選挙結果に基づき最もふさわしいパートナーと考えられた、GERB党とUP党の間で、連立政権樹立に向けた交渉が水面下で行われてきた。   この交渉の結果、4月半ばにはG+UPの連立交渉がほぼ妥結し、4月27日には、Rumen Radev大統領が正式にG党党首のB…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルガリア総選挙結果:地域別政党議席数

  前回の記事で、面倒くさいとして掲載を諦めた各選挙区での議席配分が、やはり気になって、一応分析しておこうという気になった。   以下に、各選挙区ごとの政党別議席配分表、地域ごとの分析、などを試みてみた。 1.第1~第31選挙区までの各選挙区ごとの政党(連合)別の議席配分(注:ブルガリア語のアルファベット順) 第1選挙区:Bl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルガリア総選挙結果:確定版の公表

 30日(木)に中央選管から、今次第44期国会総選挙に関する選挙結果確定版が公表された由であり、右を報じているMediapool紙記事(http://www.mediapool.bg/okonchatelno-gerb-shte-ima-15-deputati-poveche-ot-bsp-v-noviya-parlament-news…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルガリア総選挙(2017年)の結果(速報)

  さて、前回ブルガリアの内政に関して記事にしたのは、1月下旬であった(http://79909040.at.webry.info/201701/article_3.html)が、この記事で書いたように、3月26日(日)、即ち小生が住む千葉県の知事選と同じ日に、ブルでは総選挙が実施された(注:香港の行政長官選挙も同じ日だった)。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第二次ボリーソフ政権が誕生

  さて前回は、ブル内政に関し、総選挙(10月5日)結果を10月10日付記事(http://79909040.at.webry.info/201410/article_7.html)でお知らせしたが、その後かなり長い期間を通して連立交渉が継続され、最終的には、2党連立を他の2党が支えるという異例の形式(実質的には4党連立と言える)で、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルガリアの政局

  さて、6月下旬に、Tsvetan Vasilevというオリガーキーが創設したKTB銀行(直訳すると法人商業銀)が中銀の特別監査(資産調査)の下に置かれ、業務停止し、預金を持つ市民らは未だに預金引き出し停止措置下にある模様。同銀行も、ほぼ倒産して、資産整理などの段階らしい。   金融不安に揺れた経済の他、政局の方も動いている。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

総選挙までの道筋に主要政党が合意

 さて、ブルガリアでは、6月下旬に、悪質な噂を意図的に流布した一部の人々がいて、KTB銀(業界4位)がまず狙われ、取り付け騒ぎを見越して、中銀に「特別監査」を申請し、3か月間の口座凍結措置が取られたが、更には「第一投資銀行」(ブル銀行業界3位)に対しても、上記の悪質な噂の流布で取り付けが殺到した(26日にはたった1時間で4億ユーロもの引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早期総選挙の実施が決まった

  さて、5月25日(日)実施された欧州議会選選挙で、GERB党が6議席、得票率30%と相対的に第1党の地位を再確認したことで、BSP主導政権側では「大敗北の責任」論が渦巻くようになり、特に連立与党の弱小側連立相手(junior partner)であるDPSとしても、野党側が、G党6議席の他に、検閲無きブル2議席、改革ブロック1議席と合…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ブルガリア内政:欧州議会選での得票予想

  2月28日、今年5月25日に予定されている欧州議会選においては、6つの政党が欧州議会に議員を送り込めるであろうという内容の、最近のAlpha Research社世論調査結果が発表された。   本件世論調査結果は、2月末時点でのブル国における諸政党の、国民の間における支持率の現状をよく示していると見られるので、ご報告しておきたい。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更なる国会勢力図の変化

  さて、年末にブル国会議席配分に異動が生じたことをご報告した(http://79909040.at.webry.info/201312/article_2.html)が、この2月中旬以来、更に離党、その他の国会議員の動きが顕著となっている。特に、離党組の中にBSP離党組が一人生じたこと、更には、離党組合計4名のうち3名までが、元Nov…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産主義・ナチズム犠牲者追悼の日に考える

 真夏の暑さが続いていますが、8月23日が欧州では「共産主義・ナチズム弾圧犠牲者への追悼の日」として制定されていることを、日本人の多くは知らないと思う。この記念日に関して、ブルの英字web紙に記事が掲載されていて(http://www.novinite.com/view_news.php?id=153075)、小生としては少しいろいろ考…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

未だに安定しないブル政局

  さて、BSP主導政権は、必要不可欠な121議席のうち1議席が足りないために、Volen Siderovという「奇人、変人の極右政治家」を「隠れ与党」として雇用せざるを得ない状況で、これが政権のアキレス腱となっている。もちろん、超現実主義で、利権しか頭にないトルコ系のDPS党も問題で、政権発足当初において、Peevskiというオリガー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BSP主導政権が、早くも崩壊の危機に瀕している

さて、ブルガリアでは、5月29日(水)の国会審議で、BSP党主導のオレシャルスキ政権がようやく発足し、その後の国会審議でも、国会内の最大政党であるGERB党が、有効な対抗措置を見いだせないままに、徐々にBSP+DPS政権が固まっていくかに見えた。  然るに、この政権には根本的な弱点が存在したようだ。それは、いくら第2の国会内…
トラックバック:1
コメント:15

続きを読むread more

ブルガリアのジプシー人口

  4月9日付Novinite.com紙記事( http://www.novinite.com/view_news.php?id=138368)は、ブルのジプシーを、社会の中に統合化していくこと、特に教育を施し、正規の労働力として、頼りになる存在へと高める努力をしている、との趣旨のようだが、特にジプシー人口としての最近の統計数字が興味深…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ジプシー王に対する判決

さて、3月3日の記事でジプシー歌手Sofi Marinovaが、Eurovision歌謡コンテスト「欧州大会」にブルを代表して出場する、との朗報をお伝えしました( http://79909040.at.webry.info/201203/article_1.html)。昨年9--10月に、Plovdiv県のジプシー王が引き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マーリン副大統領叩きの裏の意図

 新年以降、ブルガリアでは、2期目の首相職確定をもくろむボリーソフ首相によるマスコミ作戦が進行中のように見える。その作戦とは、1月22日の新旧大統領交代時期を狙っての、前大統領、副大統領に対する「失政追求」の動きである。  この作戦には、二つの意味があると思う。(1)自分が大統領府に送り込んだRosen Plevneliev元地域…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボリーソフ首相に関する暴露本

例のブルガリアのweb英字紙Novinite.comは2月8日(水)付で、Boyko Borisov現首相の「影の顔」を扱った書籍を出版した新聞記者Ivan Bakalovとの対談記事を掲載しているところ、同記事(タイトルは「バカーロフ記者によると、他のバルカン半島政治指導者同様に、ボリーソフ氏もいつかは、裁判所で裁かれることと…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2011年ブルガリア内政の回顧

  ブルのネット英字紙Novinite.comが、年初になって「2011年の回顧(+若干の2012年に関する展望)」を特集しているので、特にその中の「内政の回顧」( http://www.novinite.com/view_news.php?id=135483、筆者:Ognian Kasabov)に関して、ここにその概要をご紹介する。…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ブルガリアの現首相と次期首相候補

さて、経済面で100年に一度の大恐慌だとか、政治面では小沢民主党党首のスキャンダル暴露戦術で麻生首相率いる自民党が復活の兆しを見せているなど、色々当面日本の政情も面白いのだが、そういうニュースはどこにでも書いてあるので、小生としては少しブルガリア関連の情報を整理しておきたい。今回は、今現在ブルガリアの政情で一番主要な役割を演じてい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

低成長時代の知恵(2)

  自民党総裁選が麻生太郎圧勝という、つまらない形で終結してしまい、小沢民主党との総選挙決勝への弾みにならない虞も出てきた。今日は、国会で麻生総理出現、新内閣発足となりそうだが、何れにせよ、総選挙で民主党に圧勝できるとは考えられない。そうはいっても、結局は自民党が総選挙でも勝つと小生は読む。   それにしても、民主党は政権交代こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総裁選と低成長時代への心構え

  前回小池総理誕生を呼びかける記事を書いた。その後、自民党の総裁候補達がテレビを使って大々的に、その識見などを披露する機会が設けられた。日本のテレビ業界も今回はずいぶん張り切って、各候補の政見表明に多大な時間を割いたと思う。各候補の政見を、初めて細かく聞くことができ、ためになった。何れの候補者も、よく勉強し、政治経験も重ね、すばら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党総裁選:小池総理を誕生させよう

  今回は思い切って、日本の内政問題を主題としてみることとした。ヒラリー・クリントンの目が無くなったこともあり、日本でも遅まきながら、女性総理を誕生させてみるべきだからだ。    1.米国では女性候補が脱落   6月のこのブログで、米国大統領選挙で、民主党候補にオバマが選ばれ、ヒラリー・クリントンが脱落したのは、米国民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more