テーマ:元寇

真実の戦史

 6月18日に宝島社発行、家村和幸(陸自二佐、元自衛隊幹部学校戦術教官)監修の『真実の「日本戦史」』(宝島SUGOI文庫、08年10月第1刷)を読み終えた。これまで歴史書に書かれていた、或いは司馬遼太郎の『坂の上の雲』で描かれていた戦史などにおいても、結構間違った評価があったことを認識させられた。   ほかにも多くの戦史に関し、新…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more