ブルガリア研究室

アクセスカウンタ

zoom RSS 四月の英国旅行:その二

<<   作成日時 : 2013/05/02 09:12   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

  英国旅行のその二です。

15日(月)晴れ
朝食7:00。トースト(白、ライ麦パン)、バター、チーズ、サラミ、ヨーグルト、サラダ、マンゴー。
 家から出て、ちょうどいつもとは反対方向の公園に行って、孫をあそばせた。
その後公園から出て、方向転換して(というか右へ右へと徐々に回り込んだ道筋に思えたが)、結局いつものFinchley中心街に出た。

★ペルシャ料理
昼食は、Finchley中心街のPersian Restaurant。
 前菜:Houmus=フムスという豆をすりおろした中東式サラダ+ナス(焼きAubergineのすりつぶしサラダ)+スープ+でかい窯焼き薄パン(中東式)。
 主菜:(小生)ラムフィレ肉の薄焼き+サラダ+ライス、(妻)チキン+サラダ+甘いライス(オレンジの皮をすりおろしたものが入っている)、(娘)チキン+サラダ+ライス。飲み物:シナモン・ティー。
  この店の特製の窯で焼く薄パンは、相当のでかさで、しかもそれなりのおいしさ。また、主菜と同じ皿に盛られて添えられたライス(インディカ米で、さらっとしていて食べやすい)は、量が多く、しかもおいしい。結局、大きな薄パンと、ライスをたらふく食べたせいで、またフムス、ナスの前菜も量が多く、結局大人3名ともが、腹いっぱいとなり、夕食時まで一向に腹が減らず苦しかった。フムスも焼きナスのすりつぶしも、淡白な薄味だけどおいしかった。また、特製の薄パンも、ライスも、予想外においしく、すっかり食べ過ぎ状態に。店の雰囲気も面白いし、イラン料理というのも珍しい。
画像


画像


画像


 中心街にある小さめのTESCOスーパーで買い物して、そこからまっすぐに通りを歩くと、自宅に戻った。娘は、同じ通りの途中にある教会内施設で、日本人妻たちの子育て教室に出席。

18:00夕食。夕食はビーフカレー。婿殿だけは大盛り、我々は満腹感が残っていて、ほんの少しの小盛りとした。

16日(火)曇り→晴れ
7:00朝食。Blackberry(TESCOで買ったもの)を食べてみたが、未だにさして甘くない。もちろん、これは輸入物で、英国産ではないが。プラムパイ、アップルパイ、チーズ、サラミ、スモークサーモン、ヨーグルト(ベリー味)。

★Victoria and Albert Museum見学
 今日は、娘の提案を受けて、South Kensington駅最寄りのVictoria and Albert Museumを見に行った。ここは、中国、東南アジア、日本、韓国などの美術品が結構揃っていて、展示品が楽しめる。

11:40に、この博物館内のレストランで昼食。Steak Stew、Soup、Potato and Broccoli、Sconesなどだが、意外と全ての食品がおいしい。娘によれば、この博物館のレストランは、美味で地元の人々の間でも評判なのだとか。
ここも、中学生、高校生ほどの生徒たちが、学校の課外授業で大勢団体として来ている感じ。孫は、若い娘たちに関心があるらしく、いたずらで騒いでいる彼らに、盛んに目を走らせている。うーむ、赤ん坊のころから男なのだ!

画像


画像


13:00頃、Harrods百貨店に出かけた。コーヒー、お茶(紅茶、ハーブ茶、果実茶などの名品がそろう)、そして、妻が妹の婿からの依頼という「派手なHarrodsの袋」を探す。Harrodsのビニール製の袋は、デザインが面白いし、いろいろ毎年新しいのが出るから、楽しめるのだ。お土産にもピッタリの買い物だ。

帰宅時に立ち寄った、E.Finchley駅裏手の公園では、八重桜が満開だった。リスが沢山いるのだが、散歩人が連れ歩く犬たちが追っかけるので、すぐに逃げてしまう。

E.Finchley駅から割に近い商店街の魚屋で鱒(Trout)を買った。それからいつもの小スーパーで、ポーランド系が作るソーセージなど食品を買う。

18:30夕食。鱒のムニエル、カレー(前日の残り物)、中華太うどん(中華センターの食品の残り)、サラダ、オリーブ漬物。イタリア・シチリー島産の赤ワイン(フルーティーで美味)。
ちなみに、ロンドンではほぼ毎晩、ワインかビールを飲んだが、大人4名だから、一人あたりはコップ1杯程度で、量は少ない。ビールも種類が多いが、今回は小生は、重いAle系(英国製)よりは、軽いベルギー製などの、普通のビールをうまく感じた。体調のせいだろう。

17日(水)曇り→晴れ
 (基本的に、ロンドンの気候は、一日に四季があると言われるほど、天候が変化に富んでおり、晴れたり、小雨が降ったりするが、総じて、朝は少し曇り、午後は晴れというパターンが多かった。
7:00朝食:ライ麦パン、サラミ、カニのパテ、チーズ(チェダー、カマンベール)、洋梨。

★サッチャー元首相の公式葬儀をTVで見た
 今朝は、TVを見ていると、10:00にサッチャー元首相の棺が、St. Paul's Cathedralに到着し、11:00から、女王も参加して本葬が開始された。教会の周囲を厳かに棺を乗せた大砲運搬用の車を馬たちが引き、騎兵とか儀礼兵が付き添い、一周するという儀式(市民らへのお別れ)も厳かで良かった。
画像


 その後、バスに乗って隣のHighgate駅近くの繁華街に行き、そこにあるイタリアレストランで昼食することに。
 12:10から昼食。Pizzaを2種類と、Pavioli(パスタの一種)を注文。イタリア人経営だから、前菜の生ハムなども、普通においしい。

★Waterelow Parkで散歩
 食後に、近くのWaterlow Parkを散歩した。Highgateが、ある時期から、ロンドン内のお屋敷街として、上流階級の邸宅が多くたてられ、その後に、この公園が、当時のロンドン市長の寄贈で成立したらしい。この広大な庭園を寄贈できるのだから、英国の貴族の富というのは恐ろしいほどだ。相当に高低差があり、下に下りた池の側の、公園敷地に隣接する、なかなか立派な教会が見える。これがSt. Joseph's Churchだという。あれーー、津市にある「セント・ジョセフ女子高」の本家がこの教会??ともかく、恐らくこの教会は、アイリッシュ系のカトリック教会なのであろう(アイリッシ・クロスが正門上にある)。わが三重県と英国ロンドンの教会が、何らかのつながりがあるらしいという風に感じられるのは、歴史の面白さか?

画像


画像


 さて、HighgateのGarden Center(これも坂を利用した地形にある)で、Gooseberryの苗木を買い込み、バスでE.Finchley駅前に戻り、歩いて今度は別の八百屋(これもトルコ系か、地中海系の人の店)で、おおきなDates(ヤシの実)を買い込んだ(結構高価だから数粒のみ、美味極まりない!)。スーパーで、ヒラメなどを買い込んだ。

18:30夕食。ヒラメ(Lemon Sole)のムニエル、豚の三枚肉の煮込み、豆腐、ごはん、ビール、サラダ。ちなみに、娘は、魚も、かんきつ類もアレルギーでだめなので、気の毒だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
四月の英国旅行:その二 ブルガリア研究室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる