テーマ:移民

労働者の自由な移動:怖い側面など

 外国に出かけて就職口を見付ける、と言う、移民労働は、まだまだ日本国のような島国で、長らく一国、一文明という「別世界」を形成してきた国家にとっては、例外的な選択肢である。もっとも、日本の役所、或いは企業に就職後に、海外勤務を命じられるということは、既に必ずしも例外的な事例でもない。  とはいえ、ブルガリアのように、欧州の一部、EU…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

米国で活躍したブルガリア移民者達

   昨日は、ブルガリア、その他の旧共産圏諸国において、体制変換に伴う経済混乱期に、生存本能を刺激されて、多くの有能な人材が、マフィア(その一部が、筋肉系暴力団)となって、未だに「犯罪産業」を、或いは正業と兼業する「灰色産業」を経営している旨ご紹介した。特に、移民者達が西欧にて「犯罪産業にて荒稼ぎして、国内に送金し、自国経済を部分的に…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more